『すぐやる!』『続ける!』この二つを身に着けることが出来たらADHD卒業と思っていいい

タイトルで来ちゃった方すいません(汗)

どうも!話が脱線しすぎて核心がぼやける筆者のとりです。

私の最も苦手とする

『すぐやる』『続ける』について今日は書いていきますが…

これって普通の人でも取り組む内容によっては出来ないこと多いですよね?

妻「お願いだけど小麦粉切らしちゃったの!コンビニでいいから買ってきて」

とか…

上司「とりさん月末までに報告書を清書しておいてください」

などの頼まれごとは…

「わかったよぉ~」「分かりました!」と返事はしますが

なかなか腰が上がらないものです。

そもそも人間の脳は行動タスクを優先すべき順序に則って

「これは後でいいな」「これは今すぐやらないとな」

判断・選択してタスクをうまいこと捌いていくものですが…

ADHDには例の『報酬さん』がいますので私としても、行うべき行動が報酬さん目にかなうかどうかがカギになります。

関連記事>>>あなたに囁く報酬系の誘惑!?ADHDの記憶は入力作業にに弱点がある「短期記憶を死守しろ!」

で紹介しましたが

努力や地道

ひたむきに何かを成し遂げることを報酬さんは嫌うので、私たちは成功イメージや行動の結果によって快感や称賛が得られる待値を上げていく必要があります

ADHD脳は何よりも先に…

今を優先します

関連記事>>>会社に行きたくない、失敗するのが怖いADHDが職場で孤立する前にするべきこと【やっぱメモだね♪】

今を生きるADHDは後先を考えずに行動する傾向があります。

これが時としてADHD最大の武器になる時がありますが…

決められた業務を正確にこなす場面や冷静な情報処理を要求される仕事では、逆にその行動によって自らの首を絞める結果になりえます。

今始められないことは忘れてしまう可能性がある

「今日からブログを毎日更新するぞ~!」

とか…

「明日から家を出る前に忘れ物が無いように確認するぞ!」

少しあとに設定したタスクを私はものの見事にに忘れます(笑)

町を歩いていて

「なんか良いこと思いついた!」

「明後日の業務変更忘れないようにしないとな」

と折角気づいたことを…

途中で見たきれいな虹や…

帰路の途中で買って食べた鯛焼き予想以上に美味かったりすると…

「あれ?何だっけ?」

となるわけです(笑)

自分の中のリストからやるべきことが抜けているのですからやりようがありませんね…

ここまで話して

やらなければならことを遂行するのに

  • 報酬さんと折り合いをつけ自らの重い腰を上げる
  • やろうとしたことを忘れないように工夫をする

上記二つの対策を講じる必要があります。

最悪の結果を想像する・短期記憶にアフターバーナー

直ぐに始められないのは結果を正しくイメージ出来ていないから

冒頭の妻に小麦粉を買っていかなければならないというタスクは、私にしてみれば実に簡単でいつでもできる仕事だ。

だが…

いつでもできる簡単な仕事ほど危険な香りがする

ADHDは短期記憶の特性上

  • 入力時の干渉に弱い
  • より刺激のある情報で上書きされてしまう

にとても影響されやすく、事前にそれを察知して防がねばなりません。

言われた事はすぐやるのが吉です

やらないと忘れて妻が怒り出します…

「何回も言ったよね?」

「返事したよね?」

「なのになんで??」

↑ここまでをイメージしてたら迅速に行動できたでしょ?

頼まれたとき『妻』が頼んだ、と私の脳は認知し命令を『報酬さん』に出すわけですが…

報酬さん「嫁の言うことなんだから、あとで手が空いた時にささっとやりゃいいんだよ」

的なこと言って私をそそのかしたんでしょう…

きっと…

だから最悪な結果をイメージしておく必要があるのです。

例えば頼んだのが

激怒した妻だったら…

何を差し置いても一目散で買い物に行くでしょう…。

それくらいのイメージをしないと報酬さんは「ヤバい」と思ってくません。

自分に脅しをかけるのがポイントです

  • すぐやらないと大叱責される
  • 直ちに取り掛からないと確実に忘れる
  • 忘れると取り返しのつかないことになる

常に悪い方、悪い方へとネガティブイメージを増幅させることが

すぐできない対策の主軸といえるでしょう。

短期記憶はプラスアルファで強化できる

普通の人は短期記憶に情報を入れるとき、頭の中で復唱することで一時的に留めておきますが…

それらが苦手なADHD者はさらに

  • 復唱回数を増やす(回数を決めて)
  • 音読する
  • できるならメモを

で記憶の推進力にアフターバーナーをかけましょう!

因みに私は

一つの単語または語句を声に出して100回復唱します

これでしばらくは忘れることはありませんただし呪文のように呟いてる様は見られてはいけません)その間にタスクを終了させましょう

そして物理的に残るメモは最強です!可能な限り使いたいですね。

まとめ

自分の脳の特性を知れば百戦危うからずです!

もう一人の自分である報酬系としっかり向き合い、自分に脅しをかけることで重い腰を上げさせることが第1のポイントです

短期記憶に追加の推進力を与えることで記憶の保持時間を延ばす

復唱100回

音読

メモ

これができればADHDを80%卒業したも同然です!

皆さんもそんな気がしませんか?

明日から…

来週から…

ではなくて…

今からですよ!!(あの先生の画像はいれませんよw)

最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする