ADHDとブレインフォグ①

ブレインフォグ(Brain Fog)

まるで脳内に霧がかかったような状態…

その状況に陥ると…

  • 仕事の処理能力が低下する
  • 記憶力が低下
  • ヒアリング能力が低下
  • ボーっとする
  • 緊張感や焦燥感に襲われる

上記のように極端に言えば生体活動全般が低下する感覚で、本人はこの症状に気付かず過ごしていることがあるようですが…

単なる「今日は調子が悪いな」で済ませていませんか?

それ、危険ですよ…

一時的な脳の麻痺
基本的にブレインフォグと呼ばれる症状は恒常的に現れる現象ではなく、特にADHD者の場合、その日の体調や、その場の状況などで偶発的に発生し、あたかもゲームのキャラクターが魔法や高ダメージの攻撃で一時的にスタン(麻痺)状態になる感覚に近いです。(あくまで私個人の感覚です)

慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん、英語Chronic Fatigue Syndrome略称CFS)は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)におよび継続する病気である

Wikipedia

ブレインフォグはCFS慢性疲労症候群)の一つとされ睡眠時間や、その質に原因の一端があるとされますが詳細なメカニズムは解明されているとは言えません。

私のBF(ブレインフォグ)出現パターン
私の場合睡眠不足疲労も影響ありますが、やはり…仕事が忙しくなって焦り始めたり、叱責され精神的ダメージを負ったときは確実にブレインフォグ(以下BFと略)が出現します。私は思います…BFだから焦るのか?BFだから精神的ダメージを受けるのか?またその逆なのか?文献を読み漁るとBFの症状がADHDとかなり酷似していることが分かります。興味深いですね
私なりのBF対処法
BFには上記シチュエーションの発生パターンがあり
忙しくなってきたら〇〇
怒られたから○○
と、対処する猶予が与えられます。問題はそこから如何にBF状態から脱するか?
だと思います。
続きは次の記事で!