「好き」だと思ってたら違った…こんなことは許されないが、しばらく同じ間違いを犯す私…

わぁ…

「なんかこの人好きだー」

そうスイッチが入ると…

居ても立っても居られなくなって…

猛烈アタック…

しかし…

いざ付き合ってみると

なんか違った…

そんなことありませんか?

しかも頻繁に…

人が人を好きになることに理屈はない!

と、誰かが言ってましたが…

ADHDの衝動性なのか?

告白して付き合ってから「違いました…すいません」

相手にしてみれば…

何という非常識な振る舞いでしょう…

私は未だに悔やんでいることがあります…

結果的にもてあそんでしまった彼女

Tの気持ちを…

今日はADHDとり少年が初めて年下の娘に告白し、付き合ったものの…

告白当初の情熱が…

実は自分の作り上げた虚像だったことに気が付き…

冷めた気持ちを抱えつつも、ダラダラと付き合ってしまった過去を振り返ります。

おじさんの昔話になってしまいますが、最後まで読んで頂けるとありがたいです。

Tとの出会い…

それは中学の卒業式の日だった…

「とり先輩!第2ボタン下さーい!」

いきなり後ろから駆け寄り、私の学生服のボタンを欲しがる女子2人組…

二人とも真面目そうな娘だったが…

私に声をかけたのはショートカットで目がギョロっとしているTの方だった…

Tは小柄で少しぽっちゃり型の子で、どことなくあどけない感じのする…

「女子」というより「少女」のような͡こ娘だった…

頬にはニキビがあり…

時折開く口元から…

歯並びの悪い前歯が見え隠れしていた…

第1印象は「田舎の小娘」だった…

そんな田舎の小娘が…

「ボタンお願いしますー!!」

と懇願してくる…

私はどちらかというとTの隣の大人しそうな友達らしき方がタイプであったが…

とにかくTがガツガツと私の前に立ちはだかりボタンを要求してくる…

「あー俺のでよかったらどうぞー」

気のない返事でボタンを外し、Tに渡した…

考えてみれば…

女子にボタンを提供するなんて初めてだ…

もらってもらえるだけありがたいと思うべきだが…

身の程知らずのとり少年は…

他にも自分のボタンを欲しがる女子いないかなー

と本気で思っていた。

もちろんとり少年のボタンなど欲しがる女子は居なかった。

苦笑いしてその場を立ち去ろうとしたが…

「とり先輩!!これを読んでください!」

Tが私の胸先に手紙を突き付けた…

素直に私が受け取ると…

「ありがとうございますー」

と言って彼女たちは足早に去っていった…

黄色い笑い声と共に…

当時私は…

モテたわけではないが…

彼女からもらった手紙が何を意味するか?

それくらいは察しがついた…

記憶を辿るも文面が思い出せない…

残念ながら…

当時の記憶を頼りにTからもらった手紙の文面を思い出そうとしたが…

一向に思い出せない…

告白的な内容だっと思うのだが…

全く文面が出てこない…

何故だろう…

彼女の特徴的な丸文字は鮮明に思い出せるのに…

当時としては珍しい肉食女子

卒業式を終え…

春休み中のことである…

自宅に電話が来る…

もちろん当時はスマホはもちろん携帯電話すらない…

それどころか各部屋に子機などもなく…

知人から電話がくれば、リビングにある固定電話で応答しなければならない時代…

若者の連絡手段は親の目を気にしながら…

延長コードを最大まで伸ばし、別の部屋で会話するのが関の山っだったのだ…

今でこそ…

SNSやスマホでいくらでもコミュニケーションできるこのご時世…

男女の会話自体に希少性があったのだ。

母親に呼ばれ…

2階から下のリビングにある電話の受話器を取る…

「とり先輩ですかー?Tですー」

舌足らずの特徴的なTの喋り方は…

聞く人が聴くと不快に感じるくらいのレベルであろうか…

そして必ず語尾を伸ばすのである…

「S先輩から電話番号聞いて電話しちゃいましたーw」

当時は個人情報ダダ洩れである…

電話帳に各固定電話の番号がご丁寧に列挙してある…

その気になれば町中の人の電話番号くらい直ぐわかるのである。

軽いストーカー

最初は週1位だった電話の頻度が…

週3

1日おき…

毎日…

だんだんとその…

非常識さが露わになってくる…

ハッキリ言ってしまえばつまらない話を延々としてくるのである…

「今日は何してましたか?」

「町で見ましたよ」

「好きな食べ物教えてください」

「今日は家でこんなことがありましたー」

とりとめのない話を延々してくる彼女に対し…

若干苛立ちをおぼえつつも…

しばらくの間…

夕食後の1時間くらいを彼女との電話に割いていた…

別に付き合っているわけでもないが…

ただ…

なんとなくそんな日が1ヶ月くらい続いた…

続く…

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする