知り合いの誰よりも先にiPhoneを手にしたが…誰も共感してくれなかったあの日のこと。

明日からちょっと休暇を利用して旅行に行こうと思っています…

このブログも毎日更新を継続し4か月目に突入しました♪

基本的に記事はストックを作っていないので…

本当に毎日更新です(笑)

今回は私の大好きなスマホ(笑)について少し語ります…

今でこそandroidユーザーですが…

私は日本ではiPhoneの導入が早い先行組に入ると思います(3GSからですがw)

購入経緯から当時の事情を織り交ぜながら…

お送ります…

大好きiPhone!!

初代iPhone

iPhoneは

かの有名なapple社が2007年6月29日に世に放った

新型携帯電話…

物理キーがほとんどない、タッチパネル方式を採用した先進的な機構はイノベーターたちを虜にした…

スティーブジョブスがまたやったな!

私は小躍りした…

日本での発売は見送られiPhone3Gまで待たされることになる…

そして日本での発売は

Softbankが手掛けた…

個人的にSoftbankはキャリアとしては後発で、地方都市に住む私としては通話品質のよいdocomoの方が良かったのだが…

当時の日本は所謂「ガラケー」に固執しており…

一般でもスマーフォンは流行らない、blackberry(ブラックベリー)の二の舞だと揶揄された…

名機だが日本では受け入れられなかった…

あまりにも早すぎて尻込みした…

3G販売当初は日本でもちょっとしたブームになったが…

決定的にiPhoneが使えない欠点があった…

それは…

MMS(Multimedia Messaging Service)が使えない…

日本のキャリア(大手通信会社)はiモードやyahoo!ケイタイなどの名称で独自のメールサービスを提供しており、ソフトバンクが唯一世界標準であるMMS規格を採用していました…

しかし2008年に発売されたiPhone3GはMMSをサポートしていなかった…

それが何を意味するのか?

それはキツイ

キャリアメールが使えないという事です…

当時はそれが原因でiPhone購入に踏み切れない人がかなりの数いました…

iPhoneからのメールはPCメール扱いとなり、携帯側の設定によっては送受信できないこともしばしば…

そればかりかプッシュ通知にも対応しておらず、リアルタイムにメールを受信することすらままならない状態でした…

当時はLINEやFacebookも普及しておらず…

携帯電話同士の連絡はキャリアメールが担っていました。

所謂

@docomo.ne.jp

@ezweb.ne.jp

などの携帯電話同士でやり取りされる専用の規格です。

その後ソフトウェアアップデートで改善されましたが…

そのお陰で私は日本での初代3Gをなくなく諦めました…

その日が来た…

2009年1月23日…

ついに私はiPhone3GSを手に入れました!

iPhone3GS

私が選んだのは16Gの白…

背面に銀色に輝くappleのマークが眩しかった…

当時はスマホをケースに入れるという習慣が定着していなかったので…

とにかく当時の差先端であるスマートフォンのつるりとしたフォルムに見とれていた…

私はiPhoneに心底惚れていました…

続く…

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする