ADHDにとって避けられない性の話… 愛情か?快楽か?

北海道は冬を前に気温が思ったほど低下せず…

平年より暖かい日が続いています…

豪雪はやだよ…

初雪はいつでしょうね…

さて…

唐突ですが…

私の初体験は中学3年です…

このご時世…

中3なんて普通かもしれませんが(いや…普通なのか!?)

私の初体験はちょっと変わっていました…

最初から何をしたんだ!?

最初の体験が普通とは違ったお陰で

大きな勘違いをすることになります…

とかく性に関することは友達などに相談しづらく…

定型発達者の言う

「これが普通」

という基準を理解できない私は…

しばらく間違った認識のまま性行為を行ってしまうことになります…

今回はリアルな性描写を含みますので…

苦手な方はご遠慮願います…

また、ADHDに関する有意義な情報も一切ありませんのであらかじめご了承下さい。

最初の体験は「ほろ苦く」ちょっと痛いものでした…

中学3年生…

私にとって中学時代は、将来に向けて大きな目標があるわけでもなく…

部活に興じスポーツを謳歌する気概もなく…

ただ、自堕落な日々が続いていました…

ただ…

同じクラスのSとアニメの話題で盛り上がり…

ちょっと仲良くしていた時期がありました。

Sは天然パーマのゴリライモみたいな風貌でした…(笑)

本人と画像は無関係です

そんな風貌でしたが…

当時放送されていたTVアニメ

「うる星やつら」(うるせいやつら)

のファンで生粋のラムちゃんファンでした(笑)

当時TVアニメで…

グラマラスなビキニ少女が宇宙人としてやってくる…

などという不謹慎なキャラ設定に加えて…

第1話でラムちゃんのビキニが取れて胸が露わ(モロ)になるという…

竜の子プロならではのけしからん描写が当時から物議を醸しました…

スタッフにタツノコ関係者がいただけで、制作はキティーフィルムでスタジオぴえろが殆どを担当しています

懐かしいですが…

「ハチャメチャ」という表現もこの頃盛んに使われました…

とにかくSとはうる星やつらの話でいつも盛り上がっていました…

話が脱線しましたが…

Sには2個上のお姉さんがいました…

Sの姉は…

遊びに行ったとき何度か会ったことがありますが…

Sの姉は所謂

不良でした…

顔は尼子インターの誠子似

何やら悪そうな男友達が頻繁に訪れては…

部屋で喫煙をしていました…

Sとは趣味も合い家に遊びに行くのはいいのですが…

お姉さんが怖い…

正確に言うとお姉さんのお友達の不良が怖いといったところでしょうか…

そんなときでした…

ある事件が起きます…

アルコールとタバコとリップクリーム

その日もいつものようにSの家に遊びに行くのですが…

家のベルを鳴らすと…

Sの姉が出て…

「Sはおばあちゃんの家にお使いに行ってるよ、ちょっと待ってたら…」

Sはいませんでしたが…

姉がそういうので私はSの部屋で待つことにしました…

数分経っただろうか…

隣の部屋で怒鳴り声が…

Sの姉とどうやら不良の友達が口論になってるようだ…

その後…

乱暴にドアを開け…

出ていく不良の友達…

「バカ!!二度と来んな!」

壁越しであるが…

家中に彼女の怒号が響き渡った…

部屋に乱入してくる姉…

ガチャッとドアが開く…

驚いている私を尻目に…

Sの姉は言う…

「本当に腹立つ…なんなのアイツ…」

そういうと弟のベットの下から焼酎のビンを取り出すSの姉…

当時スタイリッシュに焼酎をたしなむということで、若者に人気だったトライアングル

「あんたも飲む!?」

といいながら半ば強引に私に飲酒を進めるSの姉だが…

鈍感なとり少年人も…

彼女が今…

彼と喧嘩別れしたことは察しがついた…

Sの姉はタバコをポケットから出すとライターで火を点け…

一息…

煙を燻らせた…

彼女は私を一瞥して

「飲まないの?ってか飲めない!?無理しなくていいよ…あんた真面目そうだし…」

グラスにはストレートの焼酎…

流石にそれはまずいと思ったのか、彼女は自分のグラスに私の焼酎を流し込み適量になったところでコーラを足した…

焼酎のコーラ割である…

イタズラで何度か飲酒したことはあったが…

不良の先輩に勧められ、まともにグラス一杯飲むのは初めてだ…

帰ってこないS…

Sの姉と二人っきりになって30分くらい経過しただろうか…

気が付くとトライアングルは半分近くに減っていた…

私は最初の1杯で既にめまいがしていた…

というか正座をしながらメトロノームのように揺れていた…

セーラー服の彼女は当時流行の聖子ちゃんカットで、ゴリライモの弟とは似ても似つかない…

決して美人というわけではないが…

今にして思えば「男好き」する雰囲気のする人だったと思う…

Sの姉も傷心なのか随分と酔っていたようだ…

先ほどの彼のことが影響しているのか投げやりにも見えた…

キスしてみる?

若い男女が密室で二人きり…

もちろん未成年が飲酒して…

このシチュエーションである…

Sはまだ帰ってこない…

彼女はリップクリームを唇に塗った…

あの時の心臓の鼓動を今でも思い出します…

そして…

Sが帰ってくるかもしれないスリルと…

接近してくるSの姉の顔…

続く…

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする