TPM(タイムプレッシャーマネジメント)で時間管理は完璧!?脳損傷のリハビリはADHD改善に応用できるのか!?

今日は夜勤なので勤務前に執筆を、と思いPCに向かいました…

ちょっと換気のために窓を開けたら…

さ、寒い…

気温11℃

もう冬だ…

降雪

凍結

吹雪

ミラーバーン

除雪

「都道府県魅力度ランキングNO1」の北海道が…

とうとう私達に牙をむくシーズンに入ろうとしています…

住むのは意外に過酷なんですよ

では本題に入ろうと思います…

今回は「遅刻」というテーマで浅堀りしていったら「タイムプレッシャーマネジメント」に辿り着いた…

前記事>>>あなたは遅刻常習者ですか?ADHDだから遅刻するのか?タイムプレッシャーマネージメントって何だ!?

からの続きとなります…

最後まで読んで頂けるとありがたいです。

タイムプレッシャーマネジメント

もともとタイムプレッシャーマネジメントとは脳損傷によって情報処理が低下した患者さんのために…

「どうやってタイムプレッシャーを処理していくか」

その対処法を本人と共に訓練していくリハビリテーションのメニューでした。

以下引用

Fasotti,Kovacs,Eling,&Brouwer(2000)は,脳損傷により情報処理の低下を示した頭部外傷者を対象に,日常生活におけるタイムプレッシャーを処理するための内的補償訓練(timepressuremanagement,TPM)を実施しました

タイムプレッシャーマネージメントは、自身の情報法処理の遅れ(=精神活動の遅さ)と課題遂行においての関係性についての気づきを促す手法です。

まず最初は「障害の自覚」からタイムプレッシャーマネジメント(以下TPMと略す)は始まります。

自分は時間管理が苦手で、ある程度の準備をしていかないと目標を達成できないことを自覚することが必要です。

タイムプレッシャーを回避せよ!

続いて目の前にある課題からタイムプレッシャーとなりうる要因を見つけ出し、回避することを促しています。ここでは要因としてマルチタスク(複数の同時進行案件)を避けることを意味します

そして課題を出来るだけ早くこなし、不測の事態に備えて緊急時のことも考えるというものです。

さらに「タイムプレッシャーメネージメント方略の適応と維持」ではラジオや他人の話し声などの生活音などの刺激の中で集中力を維持する訓練をします。
最後に、それらを実践できているか?モニタリングを行うことが記されています。
まとめると…
TPMとは…
  1. 自分は情報処理が遅いことを自覚する
  2. タイムプレッシャーを避ける方法を確立する
  3. 妨害があっても課題達成できるよう強化する
  4. 以上を実践してモニタリング出来る

ではないでしょうか?

また付け加えると…

周囲の人に自分の障害像を伝え、理解してもらうことも大切になります(これは厳しいか?)

TPMの効果と方法

TPMの効果は研究段階ではビデオ内容の書き取り訓練で目覚ましい効果を発揮してしています。

文献的には、ビデオ内容の書き取りテストを22名の頭部外傷者のうち、12名に対してタイムプレッシャーマネージメントによる訓練を行い、残りの10名に対しては通常の記憶作業に入ってもらい、それぞれ3週間実施した結果…

タイムプレッシャーマネジメント郡は訓練効果大きくなったとされています

効果は分かりましたが…

具体的な方法は「タイムプレッシャーを避ける」ではないでしょうか?

タイムプレッシャーをできるだけ避ける

課題を始める前に、すべきことに関する短いプランを立てなさい 。

その考えを応用すると…

長い課題も細かく切って、区切りを付ければ集中が途切れず達成できるのではないか?

ということになります。専門用語でいうと「チャンクダウン」というのだそうですが…

ここら辺はまた別に調べていこうと思います。

最後に…

TPMは脳損傷のある患者さん向けにリハビリの分野で実際に行われいる治療法です。

ただ時間管理の苦手なADHDに応用の利くリハビリ法であることは間違いないようです。

あくまでADHDは脳の発達に障害がある(特に前頭葉)という前提での話ですけどね…

このテーマについてはまた機会がありましたら…

触れてみたいと思います!

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする