「先延ばし」は人間が本来持っている防衛本能の一種である。ではどうすればコントロールできるのか?

どうも!

とり@toriatama1adhaでございます。

今日で3回目を迎える「先延ばし」についての記事ですが…

私の中では

ADHD=先延ばし

みたいな固定概念があったせいか「先延ばし」

人間が太古から持ち合わせていた防衛本能の名残り

という事に驚きを隠せませんでした。

発達障害全般に言えることですが…

私たちは立ち向かう(真剣に向き合う)相手(障害)が明確にならないと対処法を作り出すことが出来ません。

ADHDならADHDなりの対処法

アスペルガーならアスペルガーなりの対処法があり…

障害の認知(自覚)が大きなカギとなります

孫氏が言うように障害と本気で向き合うためには

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

私はADHD者としてやはり

定型発達者に比べて己を知る力が圧倒的に劣っていました…

自分はADHDであることを意識して、慎重に「先延ばし」攻略に入りたいと思います。

「先延ばし」対策あれこれ

先ずはこのお方

エミール・クレペリン(Emil Kraepelin)

ドイツの精神医学者であるクレペリン先生です。

「クレペリン」でピンと来た方

正解です!

今でこそ廃れてしまいましたが…

日本・精神技術研究所が提供している

「内田クレペリン検査」

の基礎を作ったのがこのクレペリン先生なんです。

そして作業興奮(さぎょうこうふん)というキーワードで引っかかるのもクレペリンです

いろいろ物議を醸す【作業興奮】

まずはクレペリンが提唱したとされる『作業興奮(さぎょうこうふん)』でGoogle先生に聞いてみると結構出てきますね…

で、大体こんな感じで見てみると…

「掃除をしたくないなあ」と思っていても、ひとたび重い腰を上げて掃除を始めると、意外と集中して気づけば部屋全体がピカピカになっていた、なんてことはありませんか?
これは、心理学者クレペリンが見出した「作業興奮」という考え方です

DIAMOND,Inc. All Rights Reserved

なるほどー

あとはこんなのも…

人はいったん行動を始めると、やる気が出て簡単に継続できるようにできている。
つまり、やる気があるから行動できるのではなくて行動するからやる気が出る。
だから、やる気が出なくてもとりあえず行動しよう!(中略)
クレペリンという心理学者が発見した心理現象だそうです

© やる気に頼らない習慣マネジメント相談所 Powered by Emanon

これはすごい!

要するに…

やり始めさえすれば後は万事うまくいくというわけだ!

ではなぜやり始める(身体を動かす)ことでやる気が起きてくるのか?

そこで、やる気が出た脳内では何が起きているのでしょう?

やる気スイッチ『側坐核』の登場!!

以下のようなプロセスで作業興奮は起こると説明されています。

  1. 手足を動かすなどの単純作業を通して脳の側坐核が刺激される
  2. 側坐核は外部からの刺激でドーパミンを分泌する
  3. ドーパミンはやる気の素となる物質である
  4. やる気が出るので作業の効率が上がる

側坐核(そくざかく)にドーパミン…

ADHD歴が長くなると「ドーパミン」と「脳」について何度も勉強させられます…

ここまでのまとめと注意喚起

やりたくなくて…

なかなか取り組めない「やるべきこと」ですが…

先延ばしを阻止するためには作業興奮を利用した「とりあえず動く」が有効のようです

上手く機能するといいんですけどね…

そして紹介した「作業興奮」については疑義が生じていることも付け加えておきますね。

Wikipediaに掲載されていない

私とりは「著名だ」と言われる人や「専門用語」と言われる語句が正式な物かとりあえず「Wikipedia」に掲載されているか否か?で判断していますが…

なんで!?

実際「作業興奮」の記載はWikipediaにありません

クレペリン自身が「作業興奮」という名称を使用した形跡が無く、なんで作業興奮だけが独り歩きしたのか?調べ切ることはできませんでしたが…

以下のサイトが私の最終到達地点でした。

引用をご覧ください。

クレペリンは、研究の結果、作業においては5つの因子(「意志緊張」「興奮」「慣れ」「疲労」「練習」)が影響を及ぼしていると考えたようですが、この5つの中で「興奮」という因子の話が唯一、いわゆる作業興奮のことを指している可能性が高そうです。

そこで調べてみると、この作業に影響を及ぼす「興奮」というのは、「同じ作業を遂行するにつれて見られる没頭状態」のことを指しているとのことでした。先の内田クレペリン検査でも、このクレペリンの「興奮」という因子を参考にして、「興奮の上昇量」という基準を作って性格・適性検査を行っています。

しかしながらこのクレペリンの作業曲線は、信頼性がかなり怪しいようなのです。

たとえば「作業曲線の信頼性が乏しいという欠点があり、解釈は控え目に行う必要があります」(臨床心理士試験対策心理学標準テキスト指定大学院入試対応版著者: 徳田英次)といった話や、心理学者の村上宣寛氏はこの内田クレペリン検査について、「同じ個人でもそのときの状況や体調によって統計学的に無視できない大きな誤差が作業曲線に表れることから、同検査には、ほとんど意味がない」という見解を示しています。

Copyright ©  勉強の集中力が10倍アップする秘訣~早稲田集中力研究会 公式サイト~ All rights reserved.

クレペリンの研究では5つの因子の一つである「興奮」の記述があるだけで「作業興奮」という名称は使用していません。

それにクレペリンの研究結果を「信頼性に乏しい」「個人間で誤差があり過ぎる」という理由から内田クレペリン検査についても、識者の間では否定的な意見が多数であることも事実です。

俺だって頑張ってるんだぞ!

なんだかクレペリン先生が可愛そうになってきました…

でも着眼点はとてもいいと思います(偉そうにいってすいません)

クレペリン先生のお陰で「とりあえずやる!(動く)」にもちゃんと理にかなった根拠があったのだと気付くことが出来ました!

ありがとうございます!

次回に続きます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする