コンサータで『先延ばし』が治らない原因が脳の大脳辺縁系の下にいる「アレ」のせいだったことにたどり着く

どうも!

とり@toriatama1adhaです

昨日に引き続きADHDの悪しき特性

『先延ばし』について掘り下げていきますね…

前回では先延ばしの根幹には

「面倒くさい」

があり、その背景に潜む感情である

「退屈」

「怒り」

があるところまで詰めてきましたが…

実際それらを意識しながらコントロールし

「先延ばし」に至らない対策を講じなければなりません。

私は人生において「先延ばし」をし過ぎて、相当の回り道をしてきました(お陰でこの歳ですが…)

まぁ…

気が付けただけでも幸運だと思い「先延ばし対策」を考えていこうと思ってます。

お付き合い頂けたらありがたいです!

私が失ったもの…

少なくとも…

「やるべきこと」から逃避して、自堕落に過ごした時間は…

過去に遡れば遡るほど膨大な時間となって蓄積しているでしょう…

今まで意識していませんでしたが…

まさしく「時間の無駄遣い」をしていたと思います(汗)

やるべきことを抱えたままの生活はADHDの症状に拍車をかける

「あの報告書、明後日までに仕上げないとヤバいんだよね」

「頼まれてたアンケートの集計もうそろそろやらないと…」

そんな気がかりなことを抱えたまま別な仕事をしてると、間違いなくミスを誘発します。
やるべきことをやらなかったことによる2次障害です

当たり前だが…
「やるべきこと」を片付けないと「やるべきこと」が溜まっていく

やりかけの仕事や、複数の案件を抱えているとADHDの不得意分野であるマルチタスクに脳が占拠されます。

余裕がないADHDはポンコツ度に磨きがかかり…

やがてとんでもないミスを犯してしまうのです(泣)

「ゴミ」と「やるべきこと」は溜めてしまうと後が怖いのです…

信頼の失墜と自責の念

社会人として「やるべきこと」が出来ない人は…

信頼を失います…

信頼を失うと人間関係もギクシャクしだし…

職場で居場所がなくなります…

孤立します…

余計にパフォーマンスが下がります…

そして最終的には職を失うのです…

「先延ばし」はADHDにとって天敵です

先延ばしは言葉巧みに私たちを誘惑します…

「明日でも充分間に合うよ」

「こんな簡単な仕事今やる必要ないよ」

「やる気がでるまで待ってみたら?」

「この動画見てからでもいいんじゃね?」

だいたいADHDは誘惑に負けますね(笑)

先延ばしの脳内はどうなっているの?

Vik Nithy(ヴィク・ニフィー)氏

20歳で3つの会社を立ち上げた心理学科学生ヴィク・ニフィー氏は、脳のメカニズムの仕組みから、私達が目の前の課題よりもゲームやTVを優先してしまう理由を解説しました。

私たちの頭の中では議論がなされている

解説の中でヴィク・ニフィー氏

先延ばしにしようとする時は、自分の頭の中で議論が沸き起こりませんか? 一方の自分はやらねばならないことに取り組みたいと思っている。しかし、もう一方の自分は今はアングリー・バードのゲームをやりたいと思っている。(中略)

僕は心理学を学ぶ生徒ですので、このような議論が人の脳内で沸き起こる時に脳はどのような働きをするのか学ぶ機会に恵まれました。そして脳内の大脳辺縁系前頭前皮質の間で実際に議論が起きているということを知りました

Copyright © logmi All Rights Reserved.

以上のように脳内の

大脳辺縁系

黄色の部分が前頭前皮質

前頭前皮質

が実際に脳内で議論を始めるそうです。

ちなみに先延ばしの命令を出している真の黒幕は…

大脳辺縁系の下部に位置する偏桃体です

脳内でも原始的な部分を司る偏桃体…

前出のヴィク・ニフィー氏は偏桃体の働きを「本来は防衛本能の名残り」だとし、

以下のように説明した。

偏桃体恐れや不安、危険の可能性を含む刺激に対する闘争・逃走反応を司る部分です。例えばジャングルで野生のライオンを遠くに発見したとします。どうしますか? 僕はどうするかまったくわかりません、野生のライオンに遭遇したことはないですから(笑)。でも、宿題提出日に宿題をやっていない時に先生がこちらに向かってくる時の恐怖は知っています

Copyright © logmi All Rights Reserved.

早くから「先延ばし」✕「偏桃体」は目を付けられていた

ある研究で先延ばしする人が集められ偏桃体がどうなっているのか?

MRIで診察されました…

研究では、MRIを用いて264名の男女の脳を調査。参加者たちは撮影後、「行動力」や「衝動性」を測るための質問に回答し、「すぐやる人」と「先延ばしにする人」のグループに分けられました

Copyright 2017 Nazolozy.net

その結果明らかとなったのは、行動のコントロールが苦手な「先延ばしにする人」は、脳の「扁桃体」が大きい傾向があるといったことでした。扁桃体は「感情」や「恐れ」をコントロールする領域として知られています

Copyright 2017 Nazolozy.net

このことから、「大きな扁桃体」を持つ人は、「恐れ」を回避する行動すなわち「現状維持」を好むことが考えられます。つまり、その「大きな扁桃体」を持つ「先延ばしにする人」は、現状維持を好んでいるために、やるべきことを先延ばしにしてしまうのです

Copyright 2017 Nazolozy.net

ここまでのまとめ

先延ばしは人間の原始的な防衛本能の表れでADHD特有のものではないことが分かりました。

しかし「先延ばし」はADHDの症状に拍車をかけ悪化させるばかりです。

そして「先延ばし」の最終的な黒幕は偏桃体であることも分かりました。

どおりでコンサータが効かないわけです…

そして次回はいよいよ「先延ばし」改善法へ進みます!

ご期待ください!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする