生活に余裕が出来てくると他のADHD者が心配になる私…不注意・衝動優位型のOさんが車の運転を始める

どうも!

@toriatama1adhdでございます。

今日は台風の影響で朝から雨が降っています。

まぁ…台風といっても温帯低気圧に変わっていますから心配はないのですけど…

「心配」と言えば私の職場のADHD疑い(ほぼ間違いない)の

Oさん(イメージ)

  • Oさん41歳(女性)
  • 諸事情によりシングルマザー
  • 2児の母

OさんのADHD的特性

  • とにかく明るい
  • かなりおしゃべり
  • 声が大きい
  • 落ち着きがない(常に動いている)
  • 興味があったり気になったことを、その場で確認しないと気が済まない
  • よく物を落としたり、どこかにぶつかって「ガタンッ」と音を出す
  • 会話の距離感がおかしい(近すぎたり遠すぎたり)

多動型の典型ともいえる彼女は正に…

天真爛漫な少女

私が見る限りおおよそ41歳の振る舞いではなく、声変わりしてないのか?と思うほど…

所謂「声優っぽい声」

と言ったら通じるだろうか…

いつも元気な彼女に私は和むのだが…

休憩室での出来事…

「ねぇねぇ聞いた?」

「なになに?」

「Oさん自動車の免許取ったんだって」

「嘘!?」

なにやら休憩室がザワついている…

Oさんは過去に接触事故などを幾度も経験し、一時取りやめていた運転免許を再取得したとのこと…

職場までの送り迎えが父親の車という環境であったOさんは…

父の高齢化を機会に…

自動車通勤を余儀なくされたらしい…

もちろん職場に送迎バスや公共機関はあるが、時間的制約、残業に対応できないなどの諸事情もあり彼女はマイカー通勤を選択したようだ。

批判されるOさん

「あれだけ事故っておいて懲りない人だね…」

「あんな人の運転する車の側には絶対近寄らない方がいいよね」

「後ろを走ってきたら追突されるから、道を譲るわ」

えらい言われようである…

女性の職場なので…

噂話や他者の悪口的なものはある程度想定していたが…

とかくOさんのことになると現れるのが…

ADHD嫌いな人…

絶対職場には居ますよね…

このタイプの人に関しては今後特集を組みたいと思いますがw

今回は割愛します。

当人は意に介さず…

「先ずは田舎の道を練習がてらドライブしてます!」

本人は自分が周りから陰口を叩かれているとも知らずに、寧ろマイカー通勤できることを楽しみにしているようです。

北海道はこれから厳しい冬を迎えようとしています…

そして近年札幌では異常気象のせいか、豪雪やホワイトアウトのなどの暴風雪を観測し決して油断のならない状態です。

札幌の冬はドライバーにとって苦行

ちなみに人口100万人以上の都市で札幌(196万人)の降雪量は世界でダントツの1位(約5メートル)である(積雪量だけの1位は青森市で約8メートル)

世界でも屈指の豪雪都市で…


熟練ドライバーでもスケートリンクのような路面に苦戦する札幌市…

彼女が来年の春までに無事でいることを私は激しく祈るばかりである…

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事>>>2種類のADHDとは!?多動性無自覚ADHD(疑い)を観察して思う事【許され、愛されるADHDとは…】

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする