私たちはなぜ成功体験が少ないのか!?実体験を通して分かった事とその対策

どうも!

とり@toriatama1adhaでございます。

今日は朝から地震があり…

スマホの非常アラームとテレビの緊急地震速報

「チャンチャン・チャンチャン」<<<リンククリックで聴けます

あれ…

なんとかならないですかね…

テレビとスマホ3台から一斉になると結構な音量です…

マジでびびります(汗)

余計にパニックになります

私の地域では震度2でした…

震源は9/6と同じ胆振(いぶり)地方東部で現地は…

震度5

被害はないとのことですが何事もないことを祈ります。

では本題に入りましょう!

ADHDの成功体験が少ない理由

ADHD症状が改善してきてはじめて見えてきたことですが…

あと少し頑張れば…

もう少し辛抱していれば…

あと少しだけ続けていれば…

出来てたことが沢山あると思うんですよ実際…

そこに到達する前に

  • 諦める
  • 飽きる
  • 投げ出す
  • 忘れる

成功を目前に
勿体ない話ですよね…

なぜ成功できないのか?

ADHDが成功できないのは成功にたどり着くまでのプロセスが定型発達者と比べて

  1. 達成時間が違う
  2. そもそもプロセスが違う
  3. モチベーションが違う
  4. 報酬系が違う
  5. 労力が違う

からだと私は思っています。

人より早く・余裕をもって

定型発達者に比べてタスク処理能力が遅いADHDは一般に比べて時間が掛かることは予め考慮しておくとよいでしょう。

同じ取り組みででも自分は人の3倍はかかると思って仕事にかかりましょう。

そうすれば自ずと設定時間や準備にかかる時間に余裕を持って行動できるようになります。

私は普通の職員が出勤する15分前の、更に前である45分前(3倍)の準備時間を設けて出勤し、余裕を持った取り組みをしています

人より時間がかかるのなら時間的に不利な状況を未然に防ぐのが最善の対策です!

一般の人と同じスペックで仕事をしている訳ではない

私は一般より低スペックとは思っていません。

しかし一般と同じやり方では不具合が生じます…

一般的なやり方は私の脳が嫌うのです

報酬系のイメージ

「もっといい方法あるだろ?」

「こんなやり方よりもっと独創性のあるやつで行こうぜ」

「こんなんじゃなくてもっと画期的なのがいいよ」

以上のような誘惑がありますが…

まずは自分の身の丈にあった基本的なことから習得し、それから次のステップに進みましょう。

あなたはあなたなりの仕事術を見つけ、普通の人の規格でも通用できる術を身につけるべきです

私は自分の特性を理解した方法で対策を講じ、その方法に自己満足せずブラッシュアップしていきました。

私の場合は3冊のメモ帳を駆使し、自分流にカスタマイズしたTodoリストを厳格に守り仕事の精度を上げました

報酬系の特性を考えモチベーションを上げる

ADHDの特性である「先延ばし」の弊害はしばしば仕事でも…

  • やり忘れ
  • 出しっぱなし
  • 期限切れ
  • 約束不履行

などの失敗体験に繋がります。

今やらなきゃ後々困る」

ようなことは確実に処理していくことが必要です。

自分がこの仕事をやり遂げなかった場合どれくらいの人に迷惑をかけるか?その時自分が置かれる立場を適切にイメージして、報酬系に「ヤバいぞ」と脅しをかけましょう

ADHDは自分が招く事態の怖さを理解していません…

高を括る(たかをくくる)

  1. その程度だろうと安易に予測する
  2. 大したことはないと見くびる
  3. 高が知れたことだとあなどる

ADHDは正にコレですね(笑)

本当に気を付けましょう…

労力は計り知れない

ADHDは人一倍努力してやっと「普通」です

「人一倍努力して普通なんて…やってられないよ」

とお思いの方…

でも…

ADHD特性もありながら「普通」も出来るって凄くないですか?

ADHDの感性を持ちながら普通も出来る…

これは強みですよw

みなさんどう思います??

ちょっとやる気出てきました?

今まで諦めててたこと

途中で投げ出したこと

もう一回チャレンジしてみませんか?

意外に出来るもんですよ

意外に…

さあ一歩前に出てみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓↓関連記事↓↓↓

『すぐやる!』『続ける!』この二つを身に着けることが出来たらADHD卒業と思っていいい

ADHD者が忘れるのには決定的な原因がある!?記憶入力時の集中度がいかに大切かわかる私の体験と対処法!

あなたに囁く報酬系の誘惑!?ADHDの記憶は入力作業にに弱点がある「短期記憶を死守しろ!」

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする