私の気持ちは揺るぎません!ひたすら虚仮(こけ)になれば必ず道は開けるはずです!

どうも!

とり@toriatama1adhdでございます。

今日の札幌の気温は22℃

天気は快晴♪

爽やかな風が北の大地を駆け抜けます…

こんな日はどこかに出かけるのが吉ですが…

先ずはブログを書きましょう(笑)

今日のテーマは「継続することは本当に力なのか?」に焦点をあてて進めていきます。

今日の記事は以前書いた>>>

【虚仮の一念岩をも通す】馬鹿にされても、白い目で見られても、何かに対して誠実に取り組むことは正しい

の続編にあたります。

「コケの一念」の誤解

下記の図は前回でも触れた「こけの一念」の概念図ですが…

残念ながら私も誤解していた一人です(笑)

さすがに生命力が強い苔でもここまでは無理でしょう…

「コケの一念、岩をも通す」 って言葉の意味、四十年ぐらい勘ちがいしていた… by ツイナビ

コケ=苔ではなく

コケ=虚仮(こけ)

よく「人をコケにする」に使われるコケの事です

「虚仮」とは、思慮の浅い人を意味する言葉であり…

愚か者でも一心に物事を行えば、念願を成就できる

というのが

「虚仮の一念岩をも通す」

このことわざの本意です。

虚仮→思慮の浅い人→愚か者

虚仮(こけ)は私だな…

と思った。

でもその虚仮も一心に物事を行えば念願を成就できるのならば…

「やれる気がしてきた」

諦めない心の作り方!心の舵をプラスに切る

私の基本スタンスは

  • 他者に過剰な期待をしない
  • 駄目で元々
  • 生きてりゃ何とかなる
  • 自分は幸せな方だな

上記4点を基本にしています(笑)

一つづつ説明するのはまた改めてということにして…

諦めない心(虚仮の一念)をどこで発動すればいいのか?考えてみたいと思います。

ADHD者が「虚仮の一念」エネルギーをどこに使えばいいのか?

私たちの目標はADHDの改善です(私は※寛解と呼ぶようにしています)

本当にシンプルに

限りなく簡単に伝えようとすれば以下の言葉になります。

「ADHDは改善する」

と思い続ける事です。

そう信じて疑わないことです。

なんだか…

宗教みたくなってきていますが(汗)

過去の記事でも取り上げたように

脳は損傷しても神経伝達細胞が破損場所を補うように互いの連携を取ろうとします。

そして私はADHDの診断(自覚)をきっかけに取り組むべき課題が明確になりました。

虚仮でも愚か者でも取り組むべき目標があり改善の希望があるのなら、とっておきの一念を使うに十分値するのではないでしょうか?

不注意で物忘れが多いなら

ひたすらメモ・Todoリストを駆使し、上手くいかなければどこが悪かったか検証し直す。

その繰り返し

多動や衝動的で失敗するなら

その失敗のトリガーとなる事象を洗い出し、その失敗を誘発する環境を作らない、近寄らない工夫をする。また失敗しやすい環境下でも一定のパフォーマンスが出せるよう訓練する。

その繰り返し

虚仮の一念パワーを使ってください!

信じるものは救われるのです!

長い人生です…

一回くらいは自分を信じてみてはいかがですか?

私は虚仮です

だから事態は好転し続けています。

皆さんも虚仮になりましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする