平成30年北海道胆振東部地震

2018.9.6 AM3:08頃

最大震度7を超える地震が発生しました。

震源地は胆振(いぶり)中東部(安平町)

私も熟睡している中、激しい揺れと妻の悲鳴で飛び起きた!

携帯電話からは非常アラームや緊急地震速報などの知らせがけたたましく鳴り響き、何かが「ガシャーン」と割れる音がした…

ユッサユッサ…と時間をかけて激しく揺さぶられるような横揺れを感じた

立っていられない…

ただただ家族身を寄せ合い、倒れるものがないであろう居間に移動することが精いっぱいだった…

なんとか息子をテーブルの下に潜り込ませる

1分くらいだったろうか…

次第に揺れは治まり一瞬の静寂があたりを包んだ…

電気が付かない

スマホのLEDで辺りを照らす…

本棚から本や写真たてが落ちていた…

台所ではカレー皿が一枚割れていた…

あの揺れの割には被害が少ないようだ

スマホの画面に目を戻すと

最大震度7の文字が…

安平町が震源地!?

親戚の家がまさにそこである!

こんな時は回線が混雑するからと本来は自粛すべきだが

思わず電話をかけてしまった…

呼び出し音は鳴るが応答はない

外に出てみる

真っ暗だ…

どうやらこの地域は停電のようだ

アパートの非常用照明だけが唯一の明かり玄関だけが薄暗く照らされている

近所の人たちが不安そうに出てくる…

中にはヘルメット、ライト、非常用リュックを背負い完全仕様のかたも…

近くのセブンイレブンの明かりがついているので行ってみると…

既に非常電源で営業をしているではないか!

店内に入ると酒瓶が落ちたせいで床一面アルコールで湿っており、アルコール臭が蔓延していた

一旦家に戻り妻に状況を説明

始めて自分は被災したと実感した…

幸いにも水道は使える…

しかしいつ断水になるとも限らない…

湯舟やあらゆる容器に貯め水を行った

とりあえず食料の備蓄が心許ないので何か買いに行く…

たった10分ほどの時間差だったが…

再び訪れるとセブンイレブンは長蛇の列

飲料や食料を求める人で溢れていた…

駐車場もほぼ満車

相変わらず辺りは真っ暗…

もちろん信号機は一切点灯しておらず車の運転には十分注意が必要である

時間は4:15分

東の空は薄明るくなっている…

即席めんとペットボトル飲料など…

思いつくままにひとカゴ買った

幸いにもレジの端末が機能しておりクレジットカードが使えた…

とてもありがたい。

やはり家族総出で出てきた人たちが多く

赤ん坊を連れた若い夫婦や、杖をつきやっとの思いで来たであろう老夫婦、必死にスマホで情報収集する学生らしき方々など様々な方で混雑していた。

TwitterのTLを覗くと

道内全域で停電とのこと…

震源地付近の苫小牧・厚真火力発電所で火災発生

北電発表では道内全ての発電所から送電停止

「まじか…」

長期戦を覚悟した…。

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする