ADHDは怒られる②

皆さん!怒られてますか!

とりです(笑)

40代ADHD(注意欠如・多動症)と診断され、人生の中盤で壮大なテーマを突き付けられた訳ですが…

転職をきっかけに苦悩の連続です。

私の怒られパターンと種別

私の怒られ方は業務連絡や仕事上のミスに付随して色々なコメントが付きます。

以下に言わることと、相手の本音、私が受けるダメージを表にしました。

自分でも思うんですけど、言われた際の状況対象者表情などを考慮しないと別にADHDじゃなくても普通に言われるでしょ?と言われるかもしれませんが…

言われたこと 相手の本音 ダメージ
「わかる?よね?」 何言っても分かんねぇんだろな ★★
「前も言ったよね」 同じことを何回も言わせるな ★★
「どうしてそうなる」 お前どうかしてるぞw ★★
「あ、いいよ私やっておくから」 お前には任せられねえ ★★★
「ごめん、どいてくれる?」 お前がそこにいると邪魔! ★★★★

『気にしすぎだよ…』

と思った方。違うんです。

表情と態度がひどいんです(泣)

変な空気が流れてるんです。

妙な距離感があるんです…

これらをプラスして不釣り合いなコメントが発せられると…

結構な威圧感ですよ…

こんな重苦しい空気間の中で仕事することの辛さは同じADHDの人にしかわからないと思います。

そして私は一つの結論に達したのです

続きはADHDは怒られる③で!

当ブログで紹介している対処法は私個人の主観的感想が大半を占めており科学的根拠をもって発信している情報ではないこと、また紹介された対処法を実行したことによる損害については一切の責任を負いかねることをご了承ください。