「あなたの事が嫌いです」なぜ私たちは嫌われるのか?実はADHDどうしは仲が悪い法則?

ADHDが嫌われるのは当たり前!?

自分本位

身の程知らず

ガサツ

気が利かない

わがまま…

基本的にそのような人は嫌われます

当たり前ですよね…

人に嫌われるって基本的に

相手のことを大事にしないからだと思います

ADHD者が嫌われるのはそのことに尽きます…

仕事でも恋愛でも家族でも

対象にぞんざいに扱われて大事にされないと

「なんだよっ(# ゚Д゚)」

ってなるのは当然です。

関連記事>>>定型発達者の言う円滑なコミュニケーションとは何か?ADHDが俯瞰視できない原因と対処法【メタ認知のすすめ】

でも触れましたが自分を見る力が弱いADHD者にとって、他者からどう思われているか?の感じ方もズレがあるように思います。

ADHD者の言い分

「あなたの事をちゃんと考えているつもりですが、あの時は余裕がなくて…」

「いや…かなり怒ってるかなと思って、時間をおいたお陰で謝罪が遅れました」

「そんなつもりは…」

なにを言っても言い訳にしか聞こえません。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

孫氏の有名な言葉ですね

敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないということ。

敵(相手)の事を分かることは当然ですが己(自分)のことが分かってないと物事はうまくいきません。

自分の気持ちを上手く伝える

相手の気持ちを汲み取る

この過程を経て信頼関係に繋げていきたいですね。

嫌われないために何をすべきか?簡単にできるコミュニケーション術

全てのADHD者に当てはまらないことを予め言っておきます。

私の予想だと

多動性・衝動性が強い人にはかなりの効果があると思います。

それは基本的に

黙っていること…

です…。

「え?」

と思う方もいるかと思いますが、ADHD者にとって会話コミュニケーションは

諸刃の剣です

人によりますがコミュニケーションに長けたADHD者は結構います。

しかしその饒舌さは時として自分を苦しめる事にもなりかねません。

大概は余計なこと言って失敗するか

場の雰囲気を壊して失笑されるかです

だったら最初は黙っているのが得策です

前出の孫氏の話になりますが

相手の情報や自分の会話スキルを推定して

「大丈夫今ならいける」

と思えるまで会話自体に参加しない方がよっぽど安全です。

「そんなことしてたらいつまでたっても会話の輪に入れないよ…」

そう思うなら事前に準備してください。

相手の情報を得てください。

自分の状況を把握してください。

そうです

話はそこからですよ。

ADHD(エイリアン) vs ADHD(プレデター)

賢明な読者様ならお気づきでしょうが…

ADHDからみたADHDも奇異に見えるのです(笑)

どう考えても「お前ADHDだろ」という人が前の職場に居まして…(無自覚)

私的には

「あなたには言われたくない!」

と思ったことが何回もあります…

定型発達の人から見ればADHD同士が争っているところはまさに

エイリアンvsプレデターに見えたのではないでしょうか?

話が逸れましたが…

我々はもう少し自己主張にブレーキをかけ、冷静に落ち着いて毎日を過ごすことが必要です。

そんなに疾走しなくても

人生は長いのですから…

最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする