ADHDは怒る

怒るADHD

ADHDは普段から怒られているが…

怒られてばかりではない。

そう…

私たちもかなり怒っているのだ!

なぜ私たちは怒るのか?

それは理解してもらえないからだ!

誤解されるからだ!

ただでさえ人と人は分かり合えない…。元は他人だし生きてきた環境も違う、考え方も受け取り方も違う…。言ってみれば他人と私は違うことだらけなのだ。
と、ここまでは定型発達者同士の話である。

基本的に定型発達者ADHD(非定型発達者)では、そもそもアーキテクチャーが違う。

アーキテクチャ

【英】architectureアーキテクチャとは、情報システムの設計方法、設計思想、およびその設計思想に基づいて構築されたシステムの構造などのことである。

思考回路も、情報伝達システムも、設計思想からして違うのだから相容れるわけがない。
同じ日本人でありながら人種が違うといっても過言ではない。
VHSとベータくらい違う!
ポルシェとベンツくらい違う!
iPhoneとandroidくらい違う!
playstationとNintendoSwitchくらい違う!
appleとMicrosoftくらい違う!
ガンダムとザクくらい違う!
伝わっただろうか??
ゲーム機スマホを引用したのはほかでもない。ソフトOS相互互換がないからだ。それはADHD定型発達者にとってのコンセンサス(共通認識)がないことと似ており、互いの不理解衝突に繋がっているのではないかと私は考える。
そもそも脳内神経伝達に問題があるのがADHD者の症状なので、普通の人が起こす行動や考え方とは規格が違うのである。
『普通』や『一般的』が私たちには分からない…
あなた達とは違う思考回路だから…
でも…
私は「分からない!分からない!」と嘆いているわけではありません。
理解しようと努力はしているつもりです。
失敗して、傷ついて、苦しんでも…
あなた達と共存していかなければならないのですから…
それは十分理解しているつもりです。

ADHDはマイノリティー

ADHDの人口比率は全世界の3%
2億1千900万人のADHD者がいる計算になる。
私たちはマイノリティーであることは間違いないが、決して息をひそめて裏街道を進む必要はない。
ただ、私たちを殲滅せんとする駆除者がいることも事実である。
では次項へ…